BOICE JAPAN

イ・ジョンヒョン、日本映画初出演決定!映画『生きる街』2018年春公開予定!

2017-05-15 10:00:00.0


2018年春公開予定の映画『生きる街』にジョンヒョンの出演が決定いたしました!!

夏木マリさんが主演を務める『生きる街』は宮城県石巻市の小さな街で撮影されました。
東日本大震災から5年以上の時を経て、未来を信じて生きている人々と街の姿を残すべく、スタッフ、キャストが集結。
「家族」と「故郷」が持つあたり前の普遍的な価値、「生きる」「生き続ける」とは何かを問う珠玉のヒューマンドラマです。
物語のキーマンとなるドヒョンを演じるジョンヒョンは今作が日本映画初出演!
俳優、ミュージシャン、ディレクターなど多方面で活躍する夏木マリさんと共演をはたします!

出演にあたりジョンヒョンからの以下のコメントが届きました。

「今回 『生きる街』にてドヒョンという同世代の青年を演じさせていただきました。初めての日本映画への出演ではありましたが、夏木マリさんはじめ、日本の俳優の方々と共演させていただくことができて、とても感謝しています。

この作品を通じて、韓国と日本との友情、家族として生きて行くことの意味、そしてそれを伝えていくことの大事さなど、多くの発見をさせていただきました。

撮影場所となった石巻は僕の故郷を思い出させる素晴らしい場所でした。
この場所で大きな災害に遭われたということを考えると、とても胸が苦しくなりますが、その日を乗り越え、今力強く生きている多くの方々と出会えたことは僕の財産にもなっています。

また、女優、そしてミュージシャンとしても大先輩である夏木マリさんとこの映画を通じて出会い、共演させていただけたことはとても光栄です。撮影現場では私の日本語の発音を直していただいたり、大先輩にも拘らず現場のムードメーカーになっていただいたりと、とても私をサポートしていただき、感謝の気持ちで一杯です。
次は、ミュージシャン・夏木マリさんとセッションさせていただく機会ができることを夢見ています。

そして、この映画が韓国と日本とのさらなる友情を繋ぐ一つの架け橋になることを期待しています。」

2018年春公開予定の映画『生きる街』での夏木マリさんとジョンヒョンとの共演にぜひご期待ください!

【作品概要】
監督:榊英雄
出演:夏木マリ/イ・ジョンヒョン(CNBLUE)
配給:アークエンタテインメント/太秦

ストーリー:
自らが生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木マリ)の暮らしは、2011年3月11日に一変。
夫はあの日から帰ってこない。
千恵子は避難所生活を経て別荘を借り受けた民泊の営業に乗り出すが、家族の心はすれ違い始めていた。
被災のトラウマから子供を持つことを恐れる娘の香苗と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也。
そんな家族の前に、かつて同じ町に住んでいたドヒョン(イ・ジョンヒョン)が韓国からやって来る。
ドヒョンが語った知られざる夫の姿――。そして、止まっていた家族の歯車がゆっくりと動き出すのだった。